モバイルノートパソコンは13.3インチ以下で

Mobile note pc news and reviews

エヌイーシービックローブ・ワイマックスという選択

ワイマックスと一口に言っても、表の顔は一つでも表情は様々にあります。
案外にウケの良い表情として、エヌイーシーのビックローブ・ワイマックスという側面も知っている方は多いはず。なにせ、ワイマックス製品のルーターにエヌイーシーが数多く出していますから。

今なら、ちょうど「BIGLOBE WiMAX」Web限定ウィンター特典というのを展開中しています。
期間が2012年12月3日から2013年1月31日まで、特典詳細はWiMAX最新データ端末が0円、そして合計17,000円キャッシュバックあるというものです。
存外にオイシイ特典付き。もし興味をお持ちなら、チャンスかもです。

さて、ワイマックス。次なる展開として次世代サービス「WiMAX 2+(「ワイマックスツープラス」仮称)」がUQコミュニケーションズより発表されていますが、果たしてリリースは何時頃になるのでしょう。
予定では来年、2013年になる見込みのようなのですが、なんとも待ち遠しいというか、なんと言うか。ページを見る限り、このだけのスピードを確保できるようになるとなれば、あるいは固定回線の光回線をも凌駕してしまうんじゃないか?というくらいのサービスです。そうなると、一家に一回線はワイマックス。なんて時流も・・・。

しかし、先にも言いましたように、ワイマックスもUQクリエーションズの他、取り扱いとしてサービス提供会社は以下のとおりと迷うくらいあるんです、実は。
UQコミュニケーションズ株式会社 以下リンク:http://www.uqwimax.jp/mvno.html

その中にしっかりありますでしょ? NECビッグローブ株式会社

個々に比較してみてもよし、はなっから乗り換えを前提に検討されるもよし。
とにかく何が最大の決め手になるポイントかというと、やっぱりハードも提供している企業であるという部分です。そういう意味ではサポートする側でも大変でしょうが、逆に頼る側からすれば窓口が同一企業であるという利点はありがたいんじゃないかと考えます。
事実、比較ランキングサイトなどでもビックローブWiMAXは1位を確保しているようですしね。

おそらくは、切り替え・乗り換えをするなら管理人も、ビックローブWiMAXかUQ-WiMAX本体か、どちらかを選択するんじゃないかと思います。余程ほかの提供会社が大胆な施策でもとらないかぎりわ。




東芝コンバーチブルウルトラブック dynabook R822再販

東芝のタッチ対応 コンバーチブルウルトラブック dynabook R822が再販開始となったようです。

人気の ウルトラブック dynabook R822 発売再開!
タブレット、フラット、ノートPCの3Way実現。タッチパネル液晶搭載でWindows 8の使いやすさをフルに体感できるdynabook R822です。
toshiba dynabook r822


▼タッチ対応コンバーチブルウルトラブック「dynabook R822シリーズ」販売再開のお知らせ
 http://www.toshiba.co.jp/digital/room1048/30/01_01.htm
 ↑
これによると

一部の製品において、ディスプレイを表示させた状態で、ディスプレイ部分をタブレットモードからフラットモードに形状を切り替える際に、ディスプレイの中央付近に波紋が生じるなど、画面が正しく表示されない場合があることがわかりました。
このため、2012年11月16日より「dynabook R822 シリーズ」の販売を一時停止させていただいておりましたが、対策の準備ができましたので、2012年12月22日から順次、対象製品の販売を再開いたします。

■すでに対象製品をご購入のお客様へ
対象製品の無償修理をさせていただきますので、お手数ですが、以下の「東芝PCあんしんサポート(東芝PC集中修理センタ)」までご連絡くださいますよう謹んでお願い申し上げます。なお、本件不具合につきましては、火災等安全上の問題はございません。


だそうです。
引用は一部抜粋です。全文は当該ページでご確認ください。

正直申しますと、この件に関して管理人はノーマークでした。さすがに一個人による情報収集の把握能力には限界がありますね。
しかしながら、逆に言うとこの種のお知らせは信頼が増幅して、触手が伸びますね?
そうですか、改善されて再販されましたか?となると、注目度が自ずとアップします。東芝が日本におけるノートブックの先駆者だという歴史を知れば、当然モバイルノートも信頼性は高いわけで。

東芝のウルトラブックが再生された!となると、チェックしてみるしかないでしょう。

▼ウルトラブック dynabook R822 商品情報
 dynabook R822(スペック詳細)


HP ENVY x2 ハイブリッドPC

HP ENVY x2 2012-12-21日販売開始!
日本ヒューレットパッカードからタブレットの機能を備えた、ハイブリッドPC HPENVYx2 が12月21日(金)から通常販売しました!

リリースに伴うウェブニュース一部
HP ENVY x2 ハイブリッドPCは12月21日発売、単体10時間超・合体時19時間駆動に仕様更新:engadget日本版

ハイブリッドPC HP ENVY x2 プレビュー動画



Hybrid PC HP ENVY x2 特長まとめ
 ・利用シーンに合わせて使い分けできる、新しいコンセプト
 ・「タブレット」としても「ノートPC」としても使えるハイブリッドPC
 ・厚さ約8.6mm、重さ約710gの、持ち運びしやすく機能的なタブレット
 ・Beats Audio(TM)ステレオスピーカーで実現する、豊かで広がりのあるサウンド
 ・キーボードドックと合わせて合計約19時間の超長時間バッテリ駆動
 ・11.6インチワイド

最大の目玉は完全分離すること。あとは日本ヒューレットパッカードって、意外に音響に力入れているのがポイントです。
このモデル、どちらかと言うとモバイルノートよりタブレットより?っていうスタイルでしょうか?
タブレットにあらかじめ専用の蓋型キーボードをセットしたみたいな。
最終的には使い勝手しだいなんでしょうけど、どんなもんでしょうか?


<HP Directplus価格>¥69,930(税込)から
 ≫ ハイブリッドPC HPENVYx2 詳細はこちら
icon

MobileCube AtermWM3600R UroadSS-10 キャッシュバック比較

ネットヘビーユーザー向けモバイル通信ならWiMAXで決まり!ですが、じゃ~どこのWiMAXならいいの?ということなんです。

とくとくBB史上最大28,300円のキャッシュバック。
最大28,300円のキャッシュバックなら・・・とくとくBBのWiMAXがヤバすぎるんです。


WiMAX 端末別キャッシュバック額比較
  28,300円 ⇒ 69g&10時間バッテリー Mobile Cube ←これが激ヤバ

  25,900円 ⇒ 選べる3色、大人気モデル AtermWM3600R
  (25,900円 ⇒ 置くだけで充電 AtermWM3600Rクレードル付)

  24,100円 ⇒ スタイリッシュで薄さなら Uroad SS-10

この比較と、あとは月額料金の費用比較ですよね。
けど、とくとくBBは他社プロバイダと比較してもかなりお得です。
ランニングコストの比較は非常に重要ですから、ほとんどのモバイラーなら気にするポイントかと考えます。

WiMAXは、こんな方におすすめ。
 ・ストリーミング動画が見たい人(Hulu、USTREAM、ニコ生視聴等)
 ・動画を自分で配信したい人(USTREAM配信、ニコ生放送配信等)
 ・オンライン対戦したい人(ネットゲーム、Xbox/PS3のネット対戦等)
 ・大容量データストレージや写真共有したい人(Dropbox、Picasa等)
 ・豊富な色やデザインから自分に似合うモノを持ち歩きたい人
などなどなど

もちろん、ビジネスパーソンとしての仕事での利用にもWiMAXは必須ですよね。

今なら更にお得で安全な、セキュリティオプション無料キャンペーン実施中もやってます。
期間は2012年12月31日(月)の年内いっぱいまで。

Mobile Cube申込みなら28,300円のヤバヤバキャッシュバックがGMOとくとくBB WiMAX(GMOインターネット株式会社)

比較検討して納得したら、あとは実行あるのみ。
モバイラーは行動力に溢れてるはずですから(笑)


デルUltrabook Inspiron 14z ベーシックモデルが遂に4万切っちゃいました!

デルのUltrabook Inspiron14z ベーシックモデルですが、とうとうスマホより安い? な、な、なんとっ!
4万円台を切っての登場です。



クリスマス在庫一掃セール!300台の限定特価です。
予備のモバイルノートとして、ストックしておくには十分なスペックじゃないかと思われます。OSがWindows7なので、型落ちといえば型落ちですが、インターネット・メール・ビジネスソフトやYouTubeなどの動画再生でも、普通に使用するぶんにはパフォーマンス的には、そこそこ使えるんじゃないかと考えます。

DVDドライブ搭載14インチ Ultrabook、HDDにmSATA SDD付なので大容量のデータ保存と高速起動を実現した、とても手頃なスタンダードモデルとなってます!
インテル Core i3 プロセッサー搭載。


個人ユーザー向けキャンペーンとなっています。12/18(火)から12/25(火)まで掲載可能なパッケージですが、掲載期間内にパッケージや金額内容が変更する場合もありますのでご了承ください。

Inspiron 14z Ultrabook

Inspiron 14z ベーシックモデル
 <価格&スペック表記 >
 ■OS: Windows(R) 7 Home Premium SP1 64ビット
 ■CPU: 第3世代インテル(R) Core(TM) i3-3217U プロセッサー
 ■メモリ: 4GB
 ■ストレージ: 500GB SATA HDD(5400回転) + 32G mSATA SSD
 ■画面: 14インチ HD 光沢液晶 モニタ(1366x768)
 ■グラフィックス: インテル(R) HD グラフィックス
 ■光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
 ■セキュリティソフトウェア: マカフィー セキュリティセンター (15ケ月間更新サービス)
 ■サポート: 1年間スタンダードサービスプラン
 ■天板カバーカラー: ムーンシルバー
           →→無料でレッドに変更も可能です。
          
 価格 : 39,979円    <12/18(火)時点>

 ※本体分配送料込
 ※オンラインでカスタマイズ可能
 ※最新の価格はデルサイトでチェック!

ボーナスでないですけど、これは即買い?でしょうか。
とは言え、おすすめUltrabook™は他にもありますがね。


1パケット換算(バイト キロ メガ ギガ テラ)

そもそもパケット(packet)とは・・・。単純に単位だってのはさすがにわかりますよね。
自分みたいに、理系がいくら脆弱でも、それくらいは察しがつきます(笑)

IT用語辞典から

パケット【packet】
コンピュータ通信において、送信先のアドレスなどの制御情報を付加されたデータの小さなまとまりのこと。データをパケットに分割して送受信する通信方式をパケット通信と呼ぶ。データを多数のパケットに分割して送受信することにより、ある2地点間の通信に途中の回線が占有されることがなくなり、通信回線を効率良く利用することができる。また、柔軟に経路選択が行えるため、一部に障害が出ても他の回線で代替できるという利点もある。

読んでも理解できませんが、なんとなくネットワーク上でデータを送受信する際の単位である、というのはわかります。

ベースは、1パケット = 128バイト 。

これを踏まえて

パケットとバイト換算目安表


1KB、1MB、1GB=何パケット?
 128バイト = 1パケット
 1KB(キロバイト) = 1,024バイト = 8パケット
 1MB(メガバイト) = 1,024KB = 8,192パケット
 1GB(ギガバイト) = 1,024MB = 8,388,608パケット

 3,000,000パケット ⇒ 375メガバイト

画像や動画ファイルやウェブサイトのパケットサイズ例
 デコメ・・・40~400パケット(5~50KB)
 着うたフル(音源1曲)・・・16384~32768パケット(2~4MB)
 写真(8メガピクセル)・・・16384~32768パケット(2~4MB)
 YOUTUBE動画(5分)・・・40960~81900パケット(5~10MB)
 PDFデータ・・・4000~16384パケット(500KB~2MB)
 ウェブサイト(Yahoo!トップページ)・・・約280パケット(34.98 KB [35,815バイト])
  ※その時々の情報量によって変化すると考えられますので、あくまでも参考値です。

パケット料金の計算例


1パケット ⇒ 128バイト とで計算しますと、以下のようになります。

例えば、100キロバイトのデータをダウンロードする場合、100キロバイトをバイトに直すと 100×1,024バイト = 102,400バイトとなりますんで
 パケット料金が0.3円なら (102,400÷128)×0.3 = 240円
 パケット料金が0.2円なら (102,400÷128)×0.2 = 160円
 パケット料金が0.1円なら (102,400÷128)×0.1 = 80円
と、おおよそ料金目安が上記のようになるかと思います。

もし「着うた」をダウンロードしたとしたら、1分程度の曲だと約300キロバイトくらいになりますので、パケット料金が仮に0.2円とすると 160円×3 = 480円 になります。


【参考換算値】
1バイト = 8ビット
1キロバイト = 1024バイト
1メガバイト = 1024キロバイト = 104万8576バイト
1ギガバイト = 1024メガバイト = 104万8576キロバイト = 10億7374万1824バイト

1Byte (1バイト)
1KB (1キロバイト)
1MB (1メガバイト)
1GB (1ギガバイト)
1TB (1テラバイト)
1PB (1ペタバイト)
1EB (1エクサバイト)


データ通信で、モバイル利用していると、やっぱり気になるのはデータ量や、それに伴う料金、そしてコンテンツの容量に応じたダウンロード時間などなどではないでしょうか。
どれだけ視聴したら、ダウンロードしたら、どれだけ掛かるの? っていう。
通信量制限(スピード制限)みたいな目安にもなるんじゃないかと思われますが、いかがでしょう。

3GBとか7GBとか・・・

調べるって大変ですけど、わかると後に助かりますよね
ある意味、広告も役に立つ時ってあるもんです(笑)


LTEとWiMAXの最大の相違点

LTE エルティーイー【Long Term Evolution】とWiMAX ワイマックス【Worldwide Interoperability for Microwave Access】、その最大の相違点と言えば-

通信速度通信量上限の2点に焦点が当てられるのではないでしょうか?

その他にも通信地域(エリア)という視点もありますけど、なにはさておき上記の2条件に絞れるんじゃないかと考えます。
それを踏まえての選択で言うと、以前のエントリーでも若干触れましたが、ヘビーユーザーなら通信量上限のないWiMAX、普段あまり使わないけどサクサク使いたいならLTEという分け方になるのかなって捉えています。

まぁ、ランニングコストである月額基本料が高額でも差し支えなければ、LTEでもそこそこのサービスを利用することは可能です。資金が潤沢なら、それなりのサービスはある。世の中そういう風に仕組がなっているわけです(笑)。

問題は、現状ある最高のサービスと自分が欲するニーズのマッチングを、どのタイミングで決断するのか?
ということだろうと。

テクノロジーの進化は留まることを知りません。
先へ進めば進むほど技術は向上する。その摂理は人間の欲求がある限り不滅かと考えます。
ですから、今の今、自分にとって最大の価値を見いだせる、もしくは最高のイメージに近づくためのサービスは何なのか?を見極めることが重要なのだと思われます。

自分は何をしたいのか? 求めているものは何なのか?
それを見定めた上で、速さなのか? 使う容量なのか? 使える場所なのか? それとも安価な料金なのか?
をラベルに、選ぶランキングを付けてもいいのかもしれません。

僕の場合は容量と場所、それと同等に料金みたいな感じですかね。みなさんなら、どうでしょう?

今回のエントリーは、こちらのページを参考にさせていただきました。
パナセンスが提供する高速無線通信サービス




ネットヘビーユーザーならやっぱWiMAX?

単純にいうと、ダウンロード制限ってやつでしたか、正確にはデータ通信量の総量制限という枠組みだと思うのですが。
これはかなりネットユーザーには重要な選択肢の条件として重きをおくべきポイントだと考えています。
なんたって、最低でも1日平均して10時間以上はインターネットを使っていますから。いやいや依存症とか、そういうのではありませんよ、至って健全に仕事上の理由からです。

それを踏まえて比較検討していくと、スピードは2の次になってきてしまうわけです。

そして、その結果、選ぶネット通信手段は・・・。

あとはプロバイダーというのもありますけど。
例えば、こういうサービスを展開していると、どうしても気が惹かれますし、考えちゃいますよね。

ノートパソコンやタブレット端末との親和性が非常に高い、WiMAXでのインターネット接続、これにプロバイダーのビックローブを掛けあわせた「BIGLOBE WiMAX」。

WiMAX 17,000円キャッシュバック特典を継続中!
延び延びで「BIGLOBE WiMAX」の特典は、キャッシュバック17,000円の継続やっているんです。
恐らく、申し込みがある程度絶えないであるからなんでしょうねぇ。

詳細は公式サイトでご確認ください。


■「BIGLOBE WiMAX」Web広告限定ウィンター特典
  期間  : 2012年12月3日~2013年1月31日

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
        BIGLOBE WiMAXなら、データ端末が0円!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

UQ WiMAX対応の「BIGLOBE WiMAX」では、最新のモバイルWiMAXルータが0円で入手できる!

2013年1月31日までに申し込むと、さらに合計17,000円キャッシュバックがもらえる!

詳しくはこちら