モバイルノートパソコンは13.3インチ以下で

Mobile note pc news and reviews

ヒューレットパッカードには13.3型ノートはない

日本HPのオンラインストア HPからですね、【HP】今週の売れ筋ランキング速報っていうのをいただいたのですがね。

デスクトップは飛ばして、ノートの部門ランキングだけ抜粋しますと

☆★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ★ノートブックPC 売れ筋ランキング★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★☆ HP Directplus オンラインストア
┏┓
┗★【1】HP Pavilion dv6-6118TX フルHD&ブルーレイキャンペーン・モデル(最短5営業日納品)
こちらも引き続き大人気!
Corei7-2630QM/4GB/500GB HDD/フルHD非光沢・ディスプレイ&ブルーレイディスクドライブ搭載で¥73,500 (税込) ~!

┏┓
┗★【2】HP Pavilion dv6-6107TU リネンホワイト オフィスモデル (最短5営業日納品)
リネンホワイトモデルの人気が急上昇!爽やかなリネンホワイトに美しい花々のモチーフが華やかなスペシャルモデル!Corei5-2410M/4GB/500GB HDD/オフィス搭載で¥59,850(税込)~!

┏┓
┗★【3】HP Pavilion dv6-6105TU リネンホワイトモデル (最短5営業日納品)
第3位もリネンホワイトモデルです!限定モデルですので、お早目にどうぞ!¥46,830(税込)~!

┏┓
┗★【4】HP Pavilion dm1-3215AU パフォーマンスSSDモデル
<dm1-3200の製品画像:http://h50146.www5.hp.com/directplus/affiliate/images2/note_dm1.jpg
┏┓
┗★【5】HP Pavilion dv4-3141TX エスプレッソブラック・ブルーレイROMモデル(最短5営業日納品)
<dv4-3100の製品画像:http://h50146.www5.hp.com/directplus/affiliate/images2/dv4.jpg

ノートでは、リネンホワイトモデルが人気急上昇です!

以上がデスクトップ/ノートブックPCの売れ筋ランキングでした!



と、こんな感じなのですがね。
このうちモバイルノートと呼べるモデルが4位と5位のタイプ、なんですが・・・。
実はどちらも13.3インチサイズではなく、4位のパビリオンdm1-320011.6インチワイドHDウルトラクリアビュー・ディスプレイ、そして第5位のパビリオンdv4-310014.0インチワイドHDウルトラクリアビュー・ディスプレイなんです。
おーっと敢えて外してきたーーーー!なのか?

そして更に、この2モデルを挟んで、上にあの例のgaga嬢がPVで使っていた、14.5インチワイドENVY14-2000/2100 Beats™ Editionがあり、下には今やタブレットに押され気味のミニノート10.1インチワイドHP Mini 210-2100Mini 110-3600があります。
しかし、どこいっちゃったんでしょうねぇUMPC旋風は(笑)

っていうか、管理人はこのタブレットブームも一時のもんだと踏んでますがね。
結局はパソコン機能をいろんな料理して、あれこれこねくり回し、最後は素材が一番だよね~っていう話に行きつくんじゃないんでしょうか、そう読んでますけども、いかがなもんでしょうか。

その時に、あぁーやっぱりPCはPC、モビリティのあるPCが一番となるはずなんです。
そう考えると、HPも安価で決してわるくないメーカーですけど、アレなんですもんねぇ。撤退するとか何とか、、、噂なのかな?

ま、ともあれ世界NO.1メーカーですから、寄らば大樹の陰が安心なら、そういう意味では失敗はない選択かもしれません。
どーです? HP? 

オンラインストア「ノートページ」にリンクします


モバイルノートにはSSDがおすすめ

高速・静音・省電力 パソコンの動作を快適に! SSD(Solid State Disk)のススメ

ドスパラさんの情報からいいページがありましたので、参考に。
その代りといってはなんですが、ドスパラページを盛り付けて紹介もあわせ(笑)

パソコンの起動時間が長い、アプリケーションの立ち上がりが遅い、カリカリというハードディスクの書き込み音が気になる……
パソコンを使っていてそう感じたことはありませんか?
SSDを導入することで、そういった不満を解消出来るかもしれません。
この特集では導入のメリットや人気商品ついてご紹介させていただきます。

そもそもSSDって?
USB端子に接続するだけで数GBのデータを手軽に扱える、非常にコンパクトなUSBフラッシュメモリ。
ご利用いただいている方も多いかと思いますが、SSDも基本的な仕組みは同じものを使用しています。

SSDを一言で簡単にいってしまえば、『凄いフラッシュメモリ』のようなものです。
データの読み込みが非常に速く、OSをインストールするシステムドライブとして利用することで、起動時間の短縮といった効果があります。
環境にもよりますが、10~40%ほどの起動速度の向上が見込めます。

HDDとどう違うの?
HDDはプラッタと呼ばれる金属製の円盤に磁気でデータを記録します。
磁気情報を書き換える、読み取る機能を持っている部品を磁気ヘッドと呼び、HDDにアクセスする際には磁気ヘッドがプラッタ上を移動する時間や、モーターがプラッタを回転させる時間が必要です。

対してSSDは、フラッシュメモリチップに電子的にデータを記録します。
モーター等の稼動する部品は使われていないため、アクセスが開始されるまでの時間が早く、静音性、省電力性、衝撃への耐性に優れています。
また、データの読み書きはHDDよりはるかに高速です。


これを受けてのモバイルノートにはやっぱりSSDが最強そして最適かと考えられます。
さらに起動が早く、耐性に強く、軽量かつ静音性にも優れていると言う事で。

けど、どこのメーカーでもそうなんですが一頻り見渡しますと、やっぱりどちらのメーカーでも価格的にはお高くなってしまうようで、仮にそこさえクリアーできるのであれば間違いなくSSD選択かと思われます。

あと気になる点と言えば、劣化度合いと寿命の2点くらいでしょうか。
これについてはSSD製造会社も立ち止まっているわけじゃないでしょうから、間違いなく出始めの頃に比較すれば確実に進化しているものと予想されます。

次作PCなど詳しい方ならとくにここでもっと突っ込んでみてはいかがなものでしょう。





マウスコンピュータのタブレットPC ニュー

秋の夜長はタブレットパソコンでネットを見る!?

8月の末から発売したマウスコンピューター初のタブレットパソコン【LuvPad WN101-P】
iOSやAndroid搭載タブレットは数多くありますが、Windows7 Professional搭載型のタブレットパソコンは、あまり種類がないみたいで・・・。
「軽快な動作」という点では、iOSやAndroidに軍配が上がってしまうのですが、Windows7搭載型にはそれ以上の価値があるとのことらしいんです。

   mousepad.gif  LuvPad WN シリーズ

さて、その
★魅力その1
 普段使っているパソコンの操作感そのままなので使いやすい!

★魅力その2
 パソコンの周辺機器やソフトがそのまま使えるので余計な投資は不必要!(※1)

★魅力その3
 メールもインターネットブラウザも普段使っているソフトがそのまま使えるので移行もラクラク!

普段使っているWindows7の機能が【LuvPad WN101-P】ならフルで使えますので、やりたいことが出来る。というのが最大の魅力。寝っ転がったまま、ソファーでくつろいで、など場所を選ばず思い思いにインターネットを見ることが出来るというのがタブレットパソコンの醍醐味です♪(※2)

※1 全ての周辺機器やソフトウェアとの動作を弊社として保証するものではありません。また、光学ドライブを搭載しておりませんので、DVD/CD提供のソフトウェアをインストールする際には別途光学ドライブ必要。
※2 インターネットを見る際には無線LAN環境が必要です。

LuvPad WN101-P
 Windows 7 Professional 32-bit 正規版 59,800 円(税込)
 ・インテル Atom プロセッサー Z670(1.50GHz/1コア,2スレッド)
 ・2GBメモリ(固定)
 ・32GB SSD
 ・IEEE802.11 b/g/n 無線LAN
 ・Bluetooth V3.0 + HS 準拠モジュール
 ・10.1型光沢液晶ディスプレイ(1024x600)マウスコンピューター/G-Tune

どうだろ・・・・・。

ダイナブック東芝モバイルノート秋冬モデル

先日メンバー登録したばかりのRoom1048から早速最新情報をいただきましたのでシェアできればと思いアップします。

今回のダイナブック・シリーズは、すべてのモデルで長時間駆動バッテリーを搭載した形となっています。
秋冬モデル 4機種22モデル順次リリース、うちモバイルノートは 1機種7モデル。

 Pick Up!
東芝高速スタートモードとSSD搭載モデルの組み合わせで、約10秒の高速起動を実現。

dynabook R731 高速スタート「SSDとHDDの比較」


新色「シャンパンゴールド」も追加した、かなりグレードアップしたスタイルのラインナップとなっています。

スリムコンパクトノートPC
 【 dynabook R731/38D 、R731/37D 、R731/36D 、R731/16D 】

自分の注目はR731/38D。このモデルで38kというのがシャンパンゴールドカラーのやつ。色はいい、選択肢の中でも最下位の項目ですから、自分の場合。ただし、ブラックでもいいアレしてます。

 秋夏モデル発表を記念して、さまざまなコンテンツを公開中!
 ぜひご覧ください♪

 ▼dynabook.comページ(商品ページ):http://toshibadirect.jp/pc/・・・ とその前に

会員価格ならさらにお得! っていう入ってないで後悔するくらいならまずは選択  Now on click! Room1048会員


VAIO Zシリーズ 高速通信LTEサービス「Xi」(クロッシィ)対応モデル販売開始

ソニーストアから限定で、ドコモのXi(クロッシィ)対応のVAIOが登場しました。

VAIO史上初、LTE搭載モデルZシリーズ です。

ちなみに VAIO Zシリーズで、「5つ」のキャンペーン実施中です。
「LTE搭載」発売記念キャンペーンと、プロセッサー、メモリー、ディスプレイ、ストレージキャンペーンをやっていまして、5つのキャンペーンの組み合わせで、なんと最大43,000円もおトクなんだそうです。期限は2011年9月2日(金)15時まで。

さて、ところでXi(クロッシィ)ですが、Xiがそもそも何か?と申しますと。
-LTE(Long Term Evolution)という第3世代携帯電話(3G)の次の世代を担う、新しいデータ通信規格をいうのだそうで、3G回線より抜群にスピードアップするこの通信網を使って、NTTドコモが提供する高速データ通信サービスが「Xi」(クロッシィ)なのであります。いかがでしょ?ご理解いただけましたかね。

利点はルーターなしなのでスッキリ、かつスピードが高速というところでしょうか。
しかし逆に料金とまだまだ対応エリアがネックでしょう。特に地方では。
この手のものってクロッシィに限らずですが、まずはスピードはさておいても、繋がらなきゃ話にならないわけで。
接続があってのインターネットなり、なんなりなわけで。

ましてモバイルノートというくらいですから

ただ、ソニーファン、ドコモファンならあえての検討モデルかもしれません。

イッツ・ア・ソニー.