モバイルノートパソコンは13.3インチ以下で

Mobile note pc news and reviews

カフェ・喫茶店に不向きなモバイルパソコン

そんなのあるの?
って感じですが・・・

これは間違いなく不向きでしょうなぁ、というか似つかわしくない?

デル Alienware M11x



逆に目立ちたければアリです。
パソコンそのもののパフォーマンスに関しては、もう今更くどくど説明の必要もない代物でしょうし。

一応カラーのカスタマイズもできるようになってはいるみたいですけど、この上の画像のモデルのステルス・ブラックの他にもう一色ルナ・シャドウというのがありますが、どっちにしてもシブ過ぎ?!

しかし、欲しい っちゃあ 欲しいです!

第一、カフェなんか行きゃあしませんからね(笑)
なんて言う今日この頃。マジもう限界かも・・・情報収集にも限度っていうもんがありやす。

新しいMacBook Air 11インチ マックブックエア

新しいMacBook Airが登場しました。

TVCMでもよく眼にします。
で、実際家電ショップの店頭でも見てきました。

薄っ!! マジ 薄っ!!!

iLife'11標準搭載の新しいMacBook Air 。マルチタッチトラックパッド搭載でさらに使いやすくなったのです。
また最大7時間稼働するバッテリー、薄さ、軽さともに今まで以上に持ち運びも便利に。学割もあります。

11インチ、13インチで登場。全て送料無料。

11インチ 64GB    88,800円~(送/税込み)
11インチ 128GB   108,800円~(送/税込み)
13インチ 128GB   118,800円~(送/税込み)
13インチ 256GB 148,800円~(送/税込み)


詳細はこちら

モバイルノートPC データ通信(ワイヤレス)の種類

一口にワイヤレス通信、つまり無線通信と申しましても、その説明には非常に複雑かつ専門的な知識が必要なわけです。
ですので、ここでまとめているのは主にモバイルノートPCに関連するデータ通信についてですが、あくまでも管理人である私モバイラのレベルをベーシックに書いています。ほぼ初心者・初級者レベルとみて間違いないと思われます。果たして違いについてうまく伝わるかどうかわかりませんが、どうぞ。

なお、相応に知識をお持ちの方はどうぞ“なんでぃ~”と早々にお引取りいただければご気分を害さず、またお越しいただける機会もあろうかと思われますので何卒ご理解くださいませませ。

主な4つの種類:Bluetooth、無線LAN、WiMAX、ワイヤレスWAN


まず簡単に整理大別すると、方式としては『無線LAN(ラン)』『無線WAN(ワン)』の2つ。

「無線LAN系」
Bluetooth
通信エリア:近距離圏内 通信速度:受信/送信最大3Mbps(Ver2.1の場合、他機器による)
 名称は世界史上初めてノルウェーとデンマークを統合したデンマークのバイキング王「Harald Bluetooth(青歯王)」にちなんで名付けられそうです。
 Bluetooth(ブルートゥース)は、携帯情報機器などで数メートル程度の機器間の接続に使われる短距離無線通信技術の一つ。2.4GHz帯の電波を利用して、現在のVer2.1では3Mbpsの速度で通信を行えるようです。具体的にはEricsson、Lenovo(旧IBM)、Intel、Nokia、東芝の5社が中心になって提唱していて、ノートパソコンや携帯電話、ゲーム機(Wiiなどのコントローラー)などをケーブルを使わずに接続し、音声やデータをやりとりすることができるシステムとなっているやつです。

無線LAN
通信エリア:中距離圏内 通信速度:最大300Mbps(現時点では、電波法上300Mbpsに制限されている)
Wireless Local Area Network の略で、無線通信を使ったLANシステムのこと。
ノートパソコンやPDAなどにおいて、一般的に利用されているのがこのパターンでしょうか。無線LANには、さまざまな規格があり、IEEE 802.11シリーズが広く普及しているようです。一般的には無線LANアダプタ(カード)をつかってアクセスポイント(モデム)とつなぐ家庭内LANがよい例でしょうね。あと公衆無線LANで有名なマックとかでの利用もありますか。

「無線WAN系」
WiMAX
通信エリア:主要都市部及び地域(拡張中) 通信速度:最大40Mbps
 World wide Interoperability for Microwave Access の略。
 無線LANの技術を拡張して規格化(IEEE802.16e)された高速ワイヤレスインターネットです。無線LANとは異なり、広いエリアで利用可能なので外出中や移動中も高速の通信が可能です。
 これはもう散々宣伝広告もされてますから、よく耳目にされるでしょう。一番のあれがUQ-WiMAXですかね。

関連リンク:Toppa! WiMAX


ワイヤレスWAN
通信エリア:全国(繋がらない地域もある) 通信速度:最大25Mbps(機器による)
 ワイヤレスWAN(Wide Area Network)は、広域無線ネットワークの略称。
企業などの小さなエリア内ネットワークをLANというのに対し、携帯電話の通信事業主が提供する回線を利用し、広範囲(電波のエリア内)でインターネットなどの通信ができるネットワークのことです。
こちらのいい例がデータ通信カードでよくみられる機器間接続ですね。イーモバイルとか

資料参考ページ
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/02436

なので、なので、是非、こちらのモデル&メーカーをご贔屓のほどを(^v^;)
>> レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」


WiMAX新料金プラン「UQ Flat 年間パスポート」

UQワイマックスから新プランがでましたね。
UQフラット年間パスポート』 つまり縛りを設けて、料金(ランニングコスト)設定を下げたっていうものです。

とは言え、1年ならまだまだOK牧場?かなって感じですが、これはおもしろいかもしれません。ただしあれがクリアできなきゃ話にはなりませんけども…。

そのあれとは-
UQ WiMAX


「UQ Flat 年間パスポート」とは?

「UQ Flat 年間パスポート」は1年間の継続利用を条件に、月額完全定額3,880円(税込)でUQ WiMAXを利用できる料金プランです。高速モバイルインターネットの利用機会が多く、かつ継続的に利用のニーズをお持ちなら最適なサービスといえるでしょう。
きっと、動画、音楽、ゲームなどなどモバイルブロードバンドの世界を存分に堪能できるものと思います。


さらにワンポイント。
UQ Flat 年間パスポートで申し込みすると下記のWiMAX端末が一般よりお得に購入できるようになっています。これはジャストポケットかもしれません。ニーズマッチするユーザーにはね。

 <WiMAX Speed Wi-Fi>
  ・URoad-7000 19,800円 が 4,800円
  ・AtermWM3300R 19,800円 が 4,800円
 <データ通信カード>
  ・UD02NA 13,800円 が 100円
  ・UD02SS 13,800円 が 100円
  ・UD03NA 12,800円 が 3,000円
  ・UD03SS 12,800円 が 3,000円
   ※UQ Flat 年間パスポートと同時申込に限り
   
さらに、さらに・・                            
2010年11月30日までに、UQ Flatプランを申し込みすると・・

詳しくはホームページへ
申し込みするしないは無論のこと、全ては自分次第。
でも間違いなくチェックだけはしておいて損なしです。

モバイルノートなら グレア?それともノングレア?

そもそもグレアノングレアとは何ものぞ?

ということなのですが、今このエントリーを書いている時点でヒットしたググり検索結果から、このページがわかりやすいかもというのをピックアップ。

ITmedia流液晶ディスプレイ講座:第1回
光沢液晶 vs. ノングレア液晶──それぞれのメリット/デメリットを理解しよう (1/2)

つまり、極々簡単楚辞に申しますと

光沢液晶か、非光沢液晶か、ということ。

もっとざっくばらんに言うと、

画面が“てかってる”か、“そうじゃない”か、ということ。

で、話を元に戻すと、モバイルノートならどちらを選択したほうがよりベターなの?と言えば、それはやっぱりモバイル=外出くらいなものですから、テカリの無い方がいいに決まってるでしょう。
色んなものが映り込んじゃったり、反射したりで、大変見にくいことになりますから。

かつ、これはあくまでも自分なりの勝手な予想ですが、汚れもグレア(光沢液晶)のほうが目立つのではないかな、と想像したりしているわけです。ま、これに関しては実際のところ確証はありませんがね。

いずれにしても
グレア・ノングレアの選択なら、モバイルノートパソコンに限って言えば、ノングレアがおすすめなのかな、と思っています。

いかがなものでしょう。もっといい情報ありましょうかね。

dynabook R730シリーズ Webオリジナルモデルだから価値がある

期間限定キャンペーン情報であります。2010年11月8日(月)15:00までのインサイダー(笑?)
11月8日(月)15:00まで、お得なキャンペーンを開催しております。11月1日(月)発表モデルも対象となっておりますので、ぜし、サイトにて、確認してみてください。ほんと渋いトーシバ、チェックしないと損しますよ。

【2010秋冬モデル】軽量&長時間駆動。普段使いの高性能スリム&コンパクトノートPC


■インテル(R) Core(TM) i3-370M搭載モデル「dynabook R730/W2JA」
★27,000円OFFクーポン⇒クーポン適用後価格【 119,800円(税込・送料無料)~】

〔主な仕様〕
 ・ インテル(R) Core(TM) i3-370Mプロセッサー (2.40GHz)
 ・ 13.3型ワイド(16:9) HD TFTカラー LED液晶
 ・ 本体メモリ 4GB(2GB×2)
 ・ 320GB(*1) ハードディスクドライブ
 ・ DVDスーパーマルチドライブ
 ・ Bluetooth(R) Ver2.1 + EDR準拠
 ・ WiMAX通信モジュール内蔵
 ・ Windows(R)7 Home Premium 32ビット/64ビット版
 ・ バッテリー駆動 約10時間(*2)(*3)
 ・ 質量 約1.49kg(*2)


■インテル(R) Core(TM) i5-560M搭載モデル「dynabook R730/W2MA」
★23,000円OFFクーポン⇒クーポン適用後価格【 139,800円(税込・送料無料)~】

〔主な仕様〕
 ・ インテル(R) Core(TM) i5-560Mプロセッサー (2.66GHz)
 ・ 13.3型ワイド(16:9) HD TFTカラー LED液晶
 ・ 本体メモリ 4GB(2GB×2)
 ・ 320GB(*1) ハードディスクドライブ
 ・ DVDスーパーマルチドライブ
 ・ Bluetooth(R) Ver2.1 + EDR準拠
 ・ WiMAX通信モジュール内蔵
 ・ Windows(R)7 Home Premium 32ビット/64ビット版
 ・ バッテリー駆動 約10時間(*2)(*3)
 ・ 質量 約1.49kg(*2)


※詳細仕様は、販売サイト内の「ハードウェア仕様」をご覧ください。
※(*1)1GBは10億バイトで算出しています。お客様が実際に使える容量は、付属するソフトウェア占有量などにより上記の計算値より小さい値になります。
※(*2)バッテリーパック61AA装着時
※(*3)社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver1.0)」(http://it.jeita.or.jp/mobile/index.html)。本体のみ(周辺機器の接続なし、出荷時構成)、省電力制御あり、満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用環境および設定等により異なります。

インテル(R) Core(TM)i5-560M&SSD搭載モデルもお買い得みたいですよ