モバイルノートパソコンは13.3インチ以下で

Mobile note pc news and reviews

日本HPのノートパソコンバッテリリコールで回収拡大

リンク: 日本HP、ノートPCバッテリのリコールで対象機種を拡大、日本未発売機種も追加 - 速報:@niftyニュース.

あらそうだったのですね。
存じ上げませんでした。
ということで、もしかしたら情報共有に役立つかも? ってアクセスもそうないから、そうそうはこれからヒューレットパッカードのモバイルパソコンの購入を検討されていたという方の元へは届かないでしょうけど、それでも一応。

ところで、このニュースで紹介された機種の中にモバイルタイプのPCってあったのかしら?
肝心のそれを確認しておくのを失念してました。

手っ取り早いのはこのページを開いて(HP Directplus オンラインストア)、でもって下記のモデル番号と突合するか、単純に以下を参考にされたし

・09年5月発表時の対象機種
HP Compaq 6720s Notebook PC
HP Pavilion Notebook PC dv2405
HP Pavilion Notebook PC dv2605
HP Pavilion Notebook PC dv6200
HP Pavilion Notebook PC dv6205
HP Pavilion Notebook PC dv6500
HP Pavilion Notebook PC dv9500
HP G7000 Notebook PC

・今回新たに日本でも回収対象となる機種
HP Pavilion Notebook PC dv6700
HP Pavilion Notebook PC dv9700

・新たに追加された機種
HP Compaq 6510b Notebook PC
HP Compaq 6515b Notebook PC
HP Compaq 6710b Notebook PC
HP Compaq 6715s Notebook PC
HP Compaq 6710s Notebook PC(日本未発売)
HP Compaq 6715b Notebook PC(日本未発売)
HP Pavilion Notebook PC dv2705
HP Pavilion Notebook PC dv2800
HP Pavilion Notebook PC dv2805
HP Pavilion Notebook PC dv6800


日本未発売の機種については以下が該当。
「HP Pavilion Notebook PC dv2000/dv2500/dv2700/dv6000/dv9000」
「HP G6000 Notebook PC」
「HP Pavilion Notebook PC dx6000/dx6500/dx6700」
「Compaq Presario A900/C700/F500/F700 Notebook PC」
「Compaq Presario V3000/V3500/V3700/V6000/V6500/V6700 Notebook PC」

また所有のパソコンが該当機種だった場合、バッテリパックに貼られたバーコード番号で回収対象バッテリかどうかを確かめることができるようです。

バーコード番号が「CT:62940」「CT:65000」「CT:65033」「CT:65035」「CT:67059」で始まるバッテリーが回収対象。もちろん専用サイトでも詳細を確かめられます。
ただし、上記以外の番号は対象外。また、該当する番号バッテリもすべてが回収対象になるわけではないということで、日本HPでは専用サイトで正しく確認するよう勧めています。
さらに確認の結果、もしバッテリが該当すると判明した場合は、専用サイトから申し込めば、7-10営業日で交換バッテリを手元に届けてくれるそうです。

このニュースにもありました、詳しくは専用サイトからの、それっていうのがココのページからできるみたいです。
重要なお知らせ - HP Notebook PCバッテリーパック自主回収プログラムのご案内

意外にこういうのって見つけにくかったりするんですよね。

Japan-HP 日本ヒューレットパッカード ノートPC 駆動時間比較

日本HP ヒューレットパッカード ノートPC 駆動時間比較

モデルmini210mini210VTEdm1dm3adm3i
画面サイズ10.1インチ
(1,024×600ドット)
10.1インチ(1,366×768ドット)11.6インチ(1366×768ドット)13.3インチ(1366×768ドット)13.3インチ(1366×768ドット)
質量約 1.18 kg(標準3セルバッテリ搭載時)約 1.18 kg(3セルバッテリ搭載時)約 1.5 kg(6セルバッテリ)約 1.9 kg(6セルバッテリ)約 1.97 kg(6セルバッテリ)
バッテリー時間約9.5時間(オプション6セルバッテリ使用時)約4.25時間(標準3セルバッテリ使用時)約 8時間(6セルバッテリ使用時)約5時間(Athlon Neo ×2 L335)
約4.7時間(Turion Neo ×2 L625)
約 7.5 時間(ダイレクトモデル)
約 9.5 時間(量販店モデル)



※mini210VTEはHP Mini 210 Vivienne Tam Editionの略・・・勝手に
※dmシリーズのaとiの違いはaがCPUにAMD搭載モデル、iがintel搭載モデル

これまで比較表を作成してきてわかったこと。
搭載しているCPUやそのほかの機能・性能で駆動時間はかなり違ってくるということ。
しかも、CPUひとつでこうも違うか、というくらいの差があることがわかりました。
またCPU製造の同じメーカーの中でも差があるという事も。

今回の日本HPも結構見やすかったです。
で、サイズと時間から、一番はdm3iモデルということになりましょうか。
以前にも個別にエントリーを書きましたように、メタルボディもかなり魅力的ですしね。

最新情報は>> HP個人のお客様トップページ

なお、ここには掲載しませんでしたが、HP Directplusでの取り扱いは終了しているみたいですけど、HP Mini 110 by Studio Tord Boontjeというのもあるみたいです。それから掲載した中のdm1は同様にHP Directplusでの取り扱いは終了しているようですので、お断り。

Lenovo レノボのウルトラベースとは?

レノボからのメールでよく目にするのですが、ウルトラベースって一体何なのでしょう?

自問自答

<ウルトラベースとは?>

PC本体と合体し、光学ドライブを一体で増設可能なだけでなく、電源を含めた各種周辺機器を接続すれば、本体とまとめて着脱できる便利なドッキングステーションです。

USBポートが本体よりも多い4ポートのほか、デジタル出力対応のDisplayPortなどのインターフェースや、有線LANポート、ステレオスピーカーなども搭載しています。

また、複数のバッテリーをお使いの方に便利なバッテリー充電機能を搭載、本体を持ち歩く間にバッテリーの充電が可能です。

 ※対応機種はThinkPad X201/X201i/X201s/X200/X200s
 ※装着する内蔵ドライブは別売りです

と説明がなされているのですが、一読しただけだとよく理解できません。

つまりはこういうもののようです。

ThinkPad X200ウルトラベース
ウルトラベース
ホーム > 製品 > 周辺機器 > ドッキングデバイス > 製品詳細


はは~ん、なるほど。
下のカシャッと装着するだけで、いろんなものが繋がり、パワーアップするみたいなことのようですね。
ごくごく簡単にいうとですが。

所有するPCがモバイルパソコンのみで、でも自宅ででも本格PCとしても使いたい、みたいなニーズに応えた拡張周辺機器とでもいったらいいんでしょうか。

他のメーカーにもあるのだろうか・・・?

おもしろい

Lenovo Web 広告限定ストア

Lenovo レノボモバイルノートPC 駆動時間比較

レノボジャパン モバイルノートパソコン駆動時間比較

IdeaPad アイデアパッド
 Sシリーズ
仕様S10-3tS10-3/3sS12 
(IONモデル)
S10-2
画面サイズ10.1型
(1,024×600ドット)
10.1型
(1,024×600ドット)
12.1型
(1,280×800)
10.1型
(1,024×600)
質量約1.50kg(8セルバッテリー搭載時)約1.2kg(6セルバッテリー搭載時)約1.55kg(6セルバッテリー搭載時)約1.2kg(6セルバッテリー搭載時)
バッテリー使用時間最長約9時間(8セルバッテリー使用時)最長約7.5時間(6セルバッテリー使用時)最長約5.5時間(6セルバッテリー使用時)最長約6時間(6セルバッテリー使用時)

 Uシリーズ
仕様U150U350
画面サイズ11.6型
(1,366×768ドット)
13.3型
(1,366×768ドット)
質量約1.50kg(8セルバッテリー搭載時)約1.6kg(4セルバッテリー搭載時)
バッテリー使用時間最長約7時間(6セルバッテリー使用時)最長約2.4時間(4セルバッテリー使用時)


ThinkPad シンクパッド
仕様Edge 13X201sX200sX201
画面サイズ13.3型
(1,366×768ドット)
12.1型
(1,440×900ドット)
12.1型
(1,280×800ドット)
(1,440×900ドット)
12.1型
(1,280×800ドット)
質量約1.64kg(4セルバッテリー搭載時)約1.39kg(9セルバッテリー搭載時)約1.39kg(9セルバッテリー搭載時)約1.63kg(9セルバッテリー搭載時)
バッテリー使用時間最長約3.7(4セルバッテリー使用時)最長約13.6時間(9セルバッテリー使用時)最長約13時間(9セルバッテリー使用時)最長約12.8時間(9セルバッテリー使用時)

仕様X200X301X100eX201Tablet
画面サイズ12.1型
(1,280×800ドット)
13.3型
(1,440×900ドット)
11.6型
(1,366×768ドット)
12.1型
(1,280 x 800ドット)
質量約kg(セルバッテリー搭載時)約kg(セルバッテリー搭載時)約1.5kg(6セルバッテリー搭載時)約1.9kg(8セルバッテリー搭載時)
バッテリー使用時間最長約12時間(セルバッテリー使用時)最長約8.2時間(セルバッテリー使用時)最長約5時間(6セルバッテリー使用時)約8.9時間(8セルバッテリー搭載時)
 ※ 一部不明な部分があります。また、仕様により内容が異なる場合があります。あくまでも参考としてご覧ください。


Lenovo のサイトは少々わかりにくかったです。
あくまでもサイトのナビゲーションの部分に限ったことですが。

製品としては価格もさることながら、なかなかの優れものが取り揃えられている様子がうかがえました。
また、こちらもフルカスタマイズ可能なので、それぞれにより条件は変わってきますのでご注意ください。
レノボの場合、駆動時間トップは ThinkPad XシリーズのX201s 13.6時間でした。
画面サイズも12.1inchながらドット数もあり、かなり魅力的です。ただ、最長時間は9セルバッテリーというオプションを選択した場合ですから、そこにこだわるなら価格もそれなりに覚悟の上で、という話ですが・・・ いかがでしょう?

最新情報については・・・> Lenovo

Dell デルノートパソコン モバイル駆動時間比較

デル-Dell- ノートブックパソコン モバイルPC駆動時間比較

デルのサイトはシリーズが外観から陳列されているので、わりと探しやすく選びやすい。

Mini 10v :10.1インチ(1024x600) 3セル リチウムイオンバッテリ (最大3時間2分)
Mini 10 :10.1インチ(1024x600) 6セルバッテリ(最大駆動時間: 8時間44分) 6セル大容量(最大駆動時間: 9時間34分)

Inspiron 11z :11.6インチ(1366x768) 3セルリチウムイオン(最大3時間3分) 6セルリチウムイオン(最大6時間1分)
Inspiron 13z :13.3インチ(1366x768) 4セルバッテリ(駆動時間: 最大5時間9分) 8セルバッテリ(最大11時間23分)

Alienware M11x :11.6インチ(1366x768) 8セルバッテリ最大駆動時間: 8時間39分(内蔵グラフィック使用時)
                                            5時間35分(NVIDIA® グラフィック使用時)

ただし、本サイトにも注意書きがあるように、駆動時間は使用の構成や使用環境により当然異なります。
搭載しているOSやもちろん普段使うソフトなどによっても違う結果となると思います。

デルの場合、ノーマルバッテリを使用しての最大駆動時間トップは、Mini 10ですね。
ただ、自分的にはちょっと画面サイズが小さいかな? って気がします。出費を気にせずにならば、Inspiron11z6セルバッテリ搭載モデルでしょうか。


最新の情報については ・・・> デル・ノートパソコンシリーズ

Apple アップル ノートパソコン モバイル駆動時間

アップル-Apple- ノートブック モバイルタイプ駆動時間比較

MacBook 13.3インチ バッテリー駆動時間 7最大時間  リチュームポリマーバッテリー
MacBook Pro 13.3インチ バッテリー駆動時間 最大10時間 リチュームポリマーバッテリー
MacBook Air 13.3インチ バッテリー駆動時間 最大5時間 リチュームポリマーバッテリー

アップルで一番駆動時間が長いのはマックブック プロ。
重量の差はそれほど重要に感じてはいません。

※リチュームポリマーバッテリーについて
 これについてはまた別の機会に詳しく  ・・・> Apple Store