モバイルノートパソコンは13.3インチ以下で

Mobile note pc news and reviews

レノボ ThinkPadX200 ボーナス先取り買い得セール情報!

IBM、今 Lenovo
Web限定のキャンペーン情報です。

シンクパッド・シリーズのノートPCって、今、リアルの家電量販店でも見えませんよね。
どーだろ・・・? 見逃してるかな? ってことで、なお更のこと、気になるシリーズ&モデルです。

▼注目キャンペーン&モデル情報
ボーナス先取りセール!200台限定でThinkPad X200s がなんと 99,960円!

200台限定!ボーナス先取りセールにつき、 ThinkPadシリーズ最軽量12インチ
ウルトラ・モバイル ThinkPad X200s が、なんと 99,960円から!!

レノボ・ジャパンでトップクラスの人気を誇るThinkPadシリーズ最軽量の 12インチウルトラ・モバイル「ThinkPad X200s」が、≪99,960円≫から200台限定で販売スタートしました!

『ThinkPad X200s』は、軽さとバッテリー駆動時間を徹底追求したモバイル最優先モデルです。
9セル大容量バッテリー使用時、駆動時間は約13時間にも及びます。
本体重量は4セルバッテリー選択時わずか1.1kgと、こちらもThinkPadシリーズ中、最軽量となっています。

さらに!!

Web広告限定ストアのeクーポンを利用することで、セール価格よりさらに≪5%≫オフで購入可能です!
セール&eクーポンのダブルでお買い得なこの期間に、ぜひチェックしてみてはいかがでしょ? 


=『ThinkPad X200s』お勧めモデル構成=
「ThinkPad X200s」200台限定 コストパフォーマンス構成が新登場!ホームOSパッケージ

 CPU:インテル Celeron M プロセッサー 723 (1.20GHz)
 OS:Windows Vista Home Basic 正規版
 ディスプレイ:12.1型液晶(WXGA)
 RAM:1GB PC3-8500 DDR3 (1スロット使用)
 HDD: 160GB (5400rpm)
通常ダイレクト価格: ¥146,790
キャンペーン価格:  ¥ 99,960
   
 ☆さらにeクーポン利用で≪5%オフ≫
eクーポン利用特価: ¥94,962
 

 ☆『ThinkPad X200s』は【フル・カスタマイズ】が可能です!!
OSやプロセッサー、メモリー、オプティカル・ドライブなど、予算や目的にあった『ThinkPad X200s』を購入できます。


“広告限定eクーポン”配布中!Web広告限定ストアはコチラ
 ⇒ Lenovo Web 広告限定ストア

 ※eクーポンの種類により、適用できない製品・期間がございますのでご注意ください。
 ※期間限定&ページ限定で配布させて頂いている広告限定eクーポンです。

本日登場、新MacBook(ホワイト) 最近気になりだして・・・

本日登場の新MacBook(ホワイト)
 MacBook (ホワイト)が新価格にて登場したそうな。

<<MacBook White>>
本日、新価格にて、13インチ、MacBook(ホワイト)が新登場なのです。今日の今日です。
最近富にきになってしまって、ついつい目が行く、マックブックの・・・。

なんと、メモリアップになって、プライスダウン。しかもバッテリーも長持ち。
壁になる値段も、従来モデル114,800円から、108,800円(税・送料込)に。

最短24時間以内に出荷。。なので


あと、これは宣伝
<期間限定>プリンタキャッシュバックキャンペーン

対象のMac本体と対象のHPプリンタを同時に購入すると、9,870円キャッシュバック

例えば、MacとHP Photosmart C4480 All-in-One 1.5型カラー液晶搭載
コストパフォーマンス抜群のコンパクトなオールインワンプリンタを一緒に購入すると、9,870円のキャッシュバック!だそうです。
この機会にいかがですか?


実際、在庫を抱えている家電量販店とアップル公式オンラインショップから購入するのと、どちらが得なんだろ? この点も比較検討の対象項目になるな。うん



\\ Apple 公式ストアの特典 //
 1.一番人気の、【限定】赤色iPod nanoとiPod shuffle
 2.iPodにあなただけのオリジナルメッセージを刻印
    世界に一つだけのiPodを
 3.お得なプリンタキャッシュバック
    15%下取りアップキャンペーンなど
    期間限定、お得なキャンペーン実施中
 4.早い者勝ちの数量限定セール
    旧モデル新品などが大変お得
 5.Macの簡単カスタマイズ
    必要なアプリケーションもプリインストール

その他、iPodやMacのケースやバックも豊富&最短出荷24時間以内
・・・ Apple製品は、Apple Store ・・・
   Apple 公式ストア 0120-993-993

ディスプレイ選び・画面の大きさ比較、考察

内臓ディスプレイで同一サイズ、例えば同じ10.1サイズでもメーカーにより多少の違いがあったりするのをご存知でしょうか?

≪一例≫
レノボジャパン社
 IdeaPad S シリーズ Lenovo IdeaPad S10e -
 ディスプレイ  10.1インチ   1024x576ドット

ソーテック社
 SOTECのミニノート DC204
 ディスプレイ 10.1インチ  最大1,024×600ドット

デル社
 InspironMini 10
 ディスプレイ 10.1インチ  1366x768ドット(BTO選択時)

今回ピックアップした3社でこのような結果となりました。
(各サイトからこのエントリーを書いた時点での個人調べ)

無論、ドット数(解像度)が多いほどインターネットなどで閲覧できるサイトの表示される部分が多く見えるということかと思います。つまり、それだけ一回での視認できる情報量が違ってくるということが言えるでしょう。ま、それ程大差はないかもしれませんが。

ただ、一ページ辺りの情報量が多ければ多いほど、スクロールする手間は反比例して少なくなるということも考えられます。これって結構、私にとっては重きを置くポイントです。

ブログの更新でも、編集画面の下のほうが欠けるのと、そうではないのとではかなり作業する上でも差が生じてくることと思いますので。

そういう意味では、他のサイズも同様のことが言えるかもしれません。

単に8インチ 10インチ 12インチ 13インチと一口に言っても、やっぱり使っていくうちにその差はあとあと感じてくるものと思われます。

私の知り合いで、メーカーのデルはあまり好きなほうではないが、画面が広く見える部分が多いので選択した、という人もいます。

何に重点を置くか?

それによってどんなメリットがあるのか?

ここをしっかりと押さえておくの大切でしょうね。
では